オリーブオイル

私の家では最近オリーブオイルを家庭で使う機会が増えています。朝食のパンにバターの代わりにオリーブオイルをつけて食べるのはここ一年の習慣になっています。オリーブオイルは悪玉コレステロールを低下させるとともに善玉コレステロールを増やす作用があります。これはオリーブオイルに含まれるオレイン酸という脂肪酸の働きによります。オレイン酸にはコレステロールを低下させるだけでなく血圧を下げる作用もあります。
さらには抗炎症作用、抗酸化作用もあるそうです。抗酸化作用はアンチエイジングを考えたときまず大切な機能のひとつです。年齢とともに進行する老化の大きな原因が酸化です。この作用を押さえる働きのあるオリーブオイルを摂取する事は、私たちの健康を維持するために大切な食材だと思います。