頭痛のお話

頭痛についてのお話

  

頭痛で病院を受診し、精密検査を受けて「検査ではどこも悪いところはありませんよ」と医師に言われ鎮痛剤を処方された・・・・でも頭痛は治らない・・・・

そんな経験のある方は読んでみてください。

 

頭痛は日常の生活の中で普通に煩雑に見られる症状です。風邪を引いても頭が痛くなることがありますね。

そのため頭痛のことをつい軽く考えて、医療機関を訪れるよりもドラックストア−で売薬を購入している方が多いのも事実です。

頭痛があるために日々の生活に差しさわりがあってもほったらかしている人もいます。

そしてかなり長い期間にわたって頭痛で悩んでいる人もかなりの数に登ります。

頭痛のつらさはご本人にしかわかりません。

周囲の人たちも「たかが頭痛」と考えていることが多く見られます。

頭痛に対しての理解が得られにくく、軽視されやすいのです。

臨床の現場でも内科、脳神経外科、耳鼻科、眼科、婦人科、整形外科など多くの領域で頭痛を訴える患者様が見られます。

 

一般の方々と同様にこれら臨床各科の先生たちも頭痛について精通しているわけではありません。

医学部の授業でも髄膜炎、くも膜下出血、脳腫瘍などの主要な症状として頭痛は取り上げられます。医学生は頭痛を訴える患者様がいたときに何か病気がないか調べるような教育はされています。頭痛についての教育も受けています。

でも患者様が頭痛を訴えた場合、CT検査やMRI検査をして何もなければ安易に消炎鎮痛剤を処方するような医師がいまだに多いのです。

 

頭が痛いと「脳神経」に「脳出血」や「脳腫瘍」などの病気があるのではないかと心配になりますね。「ボケが心配」と認知症を心配する人もいます。

多くの頭痛は脳出血、脳腫瘍などの特別な病気でありません。

臨床の現場で見られる頭痛の多くは「何か病気があって、その病気の症状のひとつとして頭痛が起きている」わけではないのです。

だからCT, MRI,脳波検査をしても大多数の人は何も異常が発見できません。

頭痛についての知識は医師も一般の方々ももう少し持ったほうがよいと思えます。

他に病気があって起こる頭痛ではそのほかにいろいろな症状が伴ってきます。

このような頭痛は「二次性の頭痛」または「症候性の頭痛」といわれますが、実際にはそれほど多くはありません。