長引く交通事故の痛み

なかなか改善しない交通事故の痛み 腰痛、頚部痛、頭痛などには漢方薬治療が力を発揮します。 お薬に加えて物理療法をしても治らない痛み、しびれに悩んでいる方は一度漢方薬の治療を考えてみましょう。

交通事故にあったら

1)相手の確認

事故の相手の免許証を提示してもらうこと 相手の住所、勤務先、連絡の取れる電話番号などをメモに控えます。自賠責保険・任意保険に加入しているなら契約保険会社名も控えるようにします。車のナンバーも控えておきましょう。

 2)事故の状況の把握

車体の損傷具合を相手の方と一緒に双方の車で確認します。デジカメで撮影、保存しておきましょう。写真はいろいろな角度からとります。事故を目撃した方がいれば万が一のとき、証言者になっていただくようお願いし連絡先を聞いておきます。

 

3)警察への届出  

近くに交番があれば相手とそろって交番に行かれるのがいちばん良いと思います。相手が警察に届けないように言ってきても、簡単に応じてはいけません。
警察への届出をしないと保険請求手続きに必要な交通事故証明書が発行されませんので注意が必要です。

3)病院で診察を受ける

体に不調があればすぐに病院に行きましょう。

事故当初は精神的に緊張していて多少の痛みは感じないこともあります。痛みを自覚しない状態でもなるべく早く病院で診察検査を受けましょう。診断書をもらっておくことも忘れないでください。

交通事故で痛みが出たら

交通事故で頚部痛・腰痛を自覚したらまず病院を受診しましょう。
事故後なるべく早い段階で診察を受け、レントゲン検査まではうけておきましょう。
交通事故でのけがとしては頚椎捻挫(むちうち)は比較的おおいものです。
追突の瞬間に頚部は頭を支え、動かないように反射的に首の周りの筋肉を緊張させます。
この筋肉の異常な収縮だけで頚部痛まではいかなくても首・肩の違和感が起こります。
事故直後はなにも感じなくても、帰宅して緊張した心がゆるんだとき症状を自覚する場合があります。または一晩寝て起きてみてはじめて痛みを感じることもあります。
追突による首への外力が大きくなると首の筋肉に小さな傷ができていたみを起こしたり、首の骨の関節や靱帯にも傷ができて痛みが強くなります。
さらにひどく首が振られると神経も痛んできます。首の骨の隙間をとおってでてゆく神経は頚部・肩甲部・上肢の運動と知覚を担当しています。この神経が損傷すると頚部・肩甲部・上肢の痛みや手のしびれがでてきます。

さらには自律神経の失調から頭痛、吐き気、前進の体調不良まで多彩な症状を来すこともあり、治療に長い月日を費やす必要がでてきます。
病院ではレントゲン検査で異常がないと、安静を指示し、痛み止めとシップをだしてくれます。これで治るなら良いのです。
一部の患者様はなかなかなおらずにいます。
病院で痛みを訴えても薬を再びくれるだけで「この先どうなるのか?」と不安になることも多いのです。

当院での交通事故治療

当院では、むち打ちなどの症状の早期治癒を目指し次の方針に沿って、安全に、安心して受けられる交通事故治療を専門的に扱っています。
当院では数々の治療実績の中から、患者様の状態に合った治療を行う事が出来ます。
効率的な計画治療を行い、『早期治癒』を目指し的確な診療と検査を行い、それに基づいて漢方薬治療や電気を用いた物理療法で治癒に向けて丁寧な治療を行っていきます。
あなた自身そしてあなたの大切なご家族やご友人のためにも交通事故に遭遇してしまいましたら、まずは受診してください。交通事故(自賠責保険)に関するお悩みやご質問などございましたら、当院へお気軽にご相談ください。責任を持って治療させていただきます。
詳しくはスタッフまでご相談ください。