AGA治療日記

平沼整形外科院長 平沼です。
このたびプロペシアを購入して薄くなった頭髪の再生を目指したいとおもいたちました。
その使用感を時々このコラムに記載させていただくことにしました。
全国には多くの男性が髪のことでなやんでおられると思います。
私の体験がよい結果になるかどうかは半年後、一年後にわかることですが、何か皆さんの治療のよいヒントになればと思います。

11月21日萬有製薬のMRさんにクリニックまで来ていただき、プロペシアの製剤情報をくわしくお聞きしました。
そのうえで、今週末には製剤を届けていただけるようにアルフレッサの当院担当に注文を出しました。

AGA治療日記 頭髪が薄くなった?

そもそも私が頭髪の薄さを自覚したのは約10年前になります。
最初に気づいたのは妻と娘です。
「パパ、最近頭頂部が薄くなってるよ」と指摘したのは妻でありました。
ちょうど反抗期になっていた娘は私のことを時々「ハゲ」というようになってはいましたがが、私はあまり気にしてはいなかったのです。
48歳になっていた私は「まあ、年令から言ってそんなに気にすることもないだろう」と楽観的に構えていました。
日常生活に支障をきたさないことも原因だが、そういえない事態が起こってきたのが4年前の夏であした。通勤で横浜の屏風ヶ浦駅の改札をでて歩き始めたとき気づいたのです。
夏の日差しで頭頂部が痛いのです。

AGA治療日記 更なる打撃

夏の日差しで頭頂部が痛くなるだけではない。
雨が降り出したときも、最初に頭に雨粒を感じるようになってきていた。
しかし、一番アラこれはやばいかもと思ったのは理容室にいったときだった。
わたしのクリニックの近くにある理容室はスタッフが全員若い女性である。この理容室で調髪すると最後に鏡を持ってきて襟足から後頭部の仕上がりぐあいを本人に見せてくれる。
ある日気が付くと手鏡の中に私の頭頂部を映し出していない。その後も何度かこの理容室を利用するたびにこの「配慮」は実感できる。「気を使ってるな」と思うとかえってこちらは頭の毛が薄くなったことを意識してしまうものだ。
難しいんですよ、客の心理を読むのは・・・・

24日にプロペシアが届いた。
さっそくこのピンクの錠剤を服用し始める。

AGA治療日記 プロペシアを意識したとき

日本で発売当初からミノキシジルは使っていた。
国内では1%のものだけだが外国では5%のものも発売されている。
濃度が濃いものがよいと思ったし、価格のことも考えてあるときから個人輸入で5%ミノキシジルを取り寄せて使っている。
このころには外国に飲む発毛薬があることは知っていた。めんどうくさくて使う気にはならなかった。
おそらく、薄げに対してもそれほど深刻に考えてなかったのだと思う。

プロペシアを意識したのは国内での販売が開始されてからだと考えている。
私がよく訪問する整形外科の先生のHPでプロペシアの処方を宣伝しだしてからだ。

プロペシアを意識したとき 2

京王線仙川の川端皮膚科クリニックの川端 康浩先生に私の家内と娘がお世話になっている。家内をとおしてプロペシアについて効果をおききし、かなり良い感触を得たのが自分でも飲んでみようと思った最初かも知れない。
さらに最近のテレビでのプロペシアのコマーシャルが後押しした。
あのCMを見て自分も飲んでみたいと思っている人は多いと思う。
EDと同じで、恥ずかしさがその意欲を低下させている可能性が少なからずある。
何とかこれらの人々の「はじめの一歩」を引き出せたらと思い、このAGA治療日記を始めてみた。

使用から1年半

2008年の11月になりました。早いもので当クリニックを開設して丸3年が経過しています。

プロペシアを使用してきた結果、まず最初に抜け毛がかなり減った印象です。頭髪が増えてくれるかと期待して

使い続けてきましたが毛が増えた印象はあまりありません。

しかしここ数年ゆっくりと進行していた頭髪の薄さはプロペシアを服用してから止まっていると思います。

大学の同窓の先生の中には、はっきりと増毛効果が認められた方もいます。特段の副作用もなく使えますので

今後も飲み続けたいと思っています。