交通事故にあったら

交通事故にあったときまずしなければいけないこと

1)相手の確認

事故の相手の免許証を提示してもらうこと 相手の住所、勤務先、連絡の取れる電話番号などをメモに控えます。自賠責保険・任意保険に加入しているなら契約保険会社名も控えるようにします。車のナンバーも控えておきましょう。

 2)事故の状況の把握

車体の損傷具合を相手の方と一緒に双方の車で確認します。デジカメで撮影、保存しておきましょう。写真はいろいろな角度からとります。事故を目撃した方がいれば万が一のとき、証言者になっていただくようお願いし連絡先を聞いておきます。

 

3)警察への届出  

近くに交番があれば相手とそろって交番に行かれるのがいちばん良いと思います。相手が警察に届けないように言ってきても、簡単に応じてはいけません。
警察への届出をしないと保険請求手続きに必要な交通事故証明書が発行されませんので注意が必要です。

3)病院で診察を受ける

体に不調があればすぐに病院に行きましょう。

事故当初は精神的に緊張していて多少の痛みは感じないこともあります。痛みを自覚しない状態でもなるべく早く病院で診察検査を受けましょう。診断書をもらっておくことも忘れないでください。